2017年03月19日

レクサスLCを見に行ってきた。特にエクステリア、斬新なデザインでなかなか良かったですね〜。

いい日和の連休ですな〜。我が家は子供たちの予定がいろいろとあり、遠出不可・・・残念。那須温泉でも行きたかったのだが。





で、家でまったりしていたのだが、次男坊を送るついでにレクサスLCを見に行って来た。もちろん、かみさんに内緒でね。相変わらず、お出迎えが丁寧で・・・。今までの営業担当が昇格してマネージャーになったそうで、新しい担当者を紹介してもらった。還暦辺りの方が多く、興味津々LCを見ていましたね。


DSC_3087 (800x600).jpg
リアがいい感じで流麗だ。ここのデザインが私的には一番印象に残りました。


DSC_3091 (800x600).jpg
サイドピラーの絞りがどんなもんか気になっていましたが、程良く決まっていました。ドアノブはオート。


DSC_3096 (600x800).jpg
日差しが強かったので青が黒っぽくなってしまったが、綺麗な青。ホワイト・ブルー・オレンジのコントラストがいい感じ、やはり実物は違う・・・


DSC_3097 (600x800).jpg
ホイールはオプションの21インチ、ブレーキはフロント6リア4ポット?キャリパーはデカいのが入っていましたよ。


LCコックピット (852x1280).jpg
運転席。綺麗な青が上手く撮れなくて残念。機械的な印象だが、大体のデザインは今まで通りですな。目立ったのが、助手席との境界をはっきりさせる‘ついたて’。握って体を支えることができるみたい。でも、助手席に乗せてサーキット走る訳でもないので必要かな〜面白いデザインではある。


LCガーネットレッド (1280x854).jpg
外に試乗車LC500h、ガーネットレッド。私はニッチなボディカラーが好きなんです。この色、日差しを浴びても目立つでもなく、シックなカラーでした。このカラーはありですな。





実車を見れば、デザインの良さがわかります。特にエクステリアね。アストンマーチンに似ている部分もあるが、日本でよくぞここまでデザインして発表したなって正直思う。2+2だけど、ほとんど2シーター。後何年かして夫婦二人で乗るにも悪くないかなって。でも、この辺りのセグメントってライバルが多いので大変なんじゃないかな。ま、高価なんでホイホイ買えませんけどね。





今日は時間も掛けられないので、試乗せずに帰って来ました。次回は、試乗よろしくね〜って新しい担当者にお願いしておいた。





さ〜明日は午後から、ちょいと仕事の関係でお出掛け。でも、朝ゆっくりできるので良しとしよう。かみさんは、長男の弁当を作らないといけないらしい・・・言えませんが、毎度毎度‘ご苦労様’です。とてもレクサスの話なんてできませんね、残念(笑)





posted by ryokou-kuruma-gurume at 20:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

NISSAN GT-R 世界最速のドリフトでギネス記録って・・・

いい日和になってきましたね。ようやく、足元の寒さから解放されホッと一安心ってところだ。




なんか、巷では賭博が話題になっていますね。常習性と言う観点から、薬物問題と同じような感覚だな私的には。巨人は、知らないうちにペナントが始まっているし・・・NPBの最終見解は?W氏は責任を取ったのか逃避したのかわからないが早々に辞任したし。バドミントンの桃田選手、足元救われましたね。スポーツ選手、特にナショナルチームに入るような逸材は、スポーツ以外の当たり前のこととして【社会通念】、【自身で考える】等の常識教育が各スポーツ協会で必要でしょうね。スポーツが秀でていてもこれじゃ〜意味がない。

相撲も柔道も卓球も水泳も・・・多分、氷山の一角なんだろうな〜って勝手に疑心暗鬼。東京オリンピック世代には、しっかりとした教育をして頂きたい。ロンドンオリンピックのイギリスのようにね





さて、車好きにはスカッとするニュースが・・・。

NISSAN GT-Rドリフト動画・・・正直、いっちゃってる動画で我ながらニヤついてしまった。

何がいいって【JAPAN既製】なところだ。なになにタービンがGreddyって懐かしい響きだ。

T88のツインターボかな〜? 1380馬力ってどんだけなんだ(笑)。NISMOも協力しているなんていいね!


350km/hからドリフト態勢って・・・。


GT-R.jpg
こういうの見ちゃうとまた国産車をいじりたくなってくる




こういう遊び心が最近の日本車にはなかったんだよ。NISSANNISMOが協力して、日本人が作って、日本人が運転して・・・嬉しい限りだ。ギネス記録更新はおまけみたいなもんだ私的には。マツダなんかも787Bのロータリーサウンドは最高だ。未だにロータリーエンジンを開発してるって言うしね。トヨタにはこういう馬鹿さ加減がないんだよな〜。




やっちゃえNISSAN! 久々にワクワクするニュースでした・・・ま、当然、我が家では私だけでしたけど(笑)。今度は、2シーターでもいいよな〜って最近すっかりその気になっている私。




明日は、お台場にお出掛け予定だ。



posted by ryokou-kuruma-gurume at 21:38| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

インナーガレージの寸法:住宅の工法によっても異なりますね。

かねてから今度の車庫は、いわゆるビルトインタイプのガレージにしようと決めていた。1台だけなのか、2台並列でいけるのか・・・当たり前ですが、実際の土地で全てが決まりますね。




今回の土地は、立地優先なので間口も6mを超える程度で、1台分のインナーガレージがやっと。でも、自分の車が入ればいいやって思っていたので問題はなし。




インナーガレージの内寸って各工法によって壁芯からの距離なのか内壁計測なのかで全然違ってくるのだ。2×4、2×6、RC・・・




一般的な駐車スペースって、幅は車幅+900mm、奥行きは全長+800mmと言われている。さて我が家のガレージ案だが・・・朝にエンジンを始動することもあり、壁は厚い方がいい。でも、広さも欲しいってわがまま状態(笑)。工法選択はさておき、今のところ内寸で幅2985mm、奥行き5892mm。オーバースライダーの幅も2490mm。何とか許せる幅は確保できているかな。まだまだ検討の余地はありそうっていうか拘りたいですね。




かみさんには、もっと他に決めなきゃいけないところがあるでしょって・・・呆れられている(笑)。いやいや、床材ペイントとか有圧換気扇とか考えることは色々あるのだ。ま、言ってもわからないだろうな。



http://jin-sei-ryokou.seesaa.net/article/430837263.html内覧会 インナーガレージ F10 M5を入れてみました。



posted by ryokou-kuruma-gurume at 23:38| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

【デトロイトモーターショー2015】レクサスGS-F、キャデラックCTS-V・・・高性能モデルが続々出てきますね。

パリのテロ事件ナイジェリアの少女の自爆強要テロ事件・・・嫌な事件が続いていますね。移民国家のフランスでは今後、このような過激思想家の摘発が一段と厳しくなるでしょう。それにしても、同じテロ、どうして報道の取り扱いに差が出てしまうのだろうか?ユダヤ教やキリスト教寄りの報道が多いような気がした。イスラム教の心象が悪いからなのか。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。




ただ、今日のNHKは、シャルルエブドがムハンマドの風刺画を載せたことに対して批判的に報道していたのを見て少し安心した。一神教って互いの神が異なることもあってわかり合えないんだろうな。難しいところだ。




さ、話題を変えて・・・。
いつぞやはエコカーブームで小排気量+ターボの風潮であったが、今年の【デトロイトモーターショー】ではアメリカの景気の回復やガソリン価格低下と相まって大排気量車が続々発表されましたね。その典型がピックアップトラック、日産も新型【タイタン】を発表。ま、日本では大き過ぎますが。




そんな中、気になる2台。レクサス【GS-F】とキャデラック【CTS-V】である。何と言ってもどちらも大排気量車である点かな。ま、キャデラックは何となく大排気量なのは理解できるけど。ダウンサイジングターボにしなかったことはある意味凄いことかもしませんねって勝手に思っている。

GS-F.jpg
リアフェンダーの張り出し具合はあまり目立たない?実車が展示されたら是非見てみたい1台だ。

CTS-V.jpg
デザインは、先代を踏襲していてカクカクしています。リアフェンダーの張り出し具合がいい感じだ。それにしても6.2L+SCってアメリカ〜ン!




どちらも試乗してみたいですな。まず、実車を見てみたい。きっとそれなりのオーラを醸し出しているでしょうね。




大分、胃腸の調子も戻ってきて一安心・・・。


posted by ryokou-kuruma-gurume at 21:36| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

日産インフィニティ【Q50オールージュ】の市販化中止?開発陣、頑張ってくれ!ニーズはあるぞ絶対。

正月も終わり、慌ただしい毎日が・・・疲れるな〜。BMW F10 M5もボルトの緩みという稀な故障から帰ってきてからは至って快調だ。V8ターボの低音も耳に響いてくるようになりました。




ひょっとすると限定で市販するんじゃないかって期待していた車についてちょっと悲しいニュースが。日産インフィニティブランドの【Q50オールージュ】の市販化が中止されたとの報道だ。GT-Rを超えるスペックでありながら、4ドア。我が家にピッタリの国産スーパーセダンで期待していたのだが。
http://jin-sei-ryokou.seesaa.net/article/395462716.html【Q50オールージュ】ブログ

811420.jpg
フロントマスクが厳つくて結構好み。リアは優しい感じなのだが。




きっと開発は進行していたはず、どんでん返しで発売ってことにならないかな〜。日産のR35 GT-Rもそうだけど、技術を結集した車を作る姿勢はストイックで、トヨタでは正直無理でしょうね。そんな日産に期待していたのだが。もう少し、進捗状況を見守りましょうかね。




そんな中、インフィニティ【Q60コンセプト】はデトロイトモーターショーで公開するんだと。2+2のクーペで現行スカイラインを踏襲していて中々格好いいぞ。その勢いで、実は【Q50オールージュ】の開発は進んでいましたって言うような情報が聞きたかったな〜。しつこいか(笑)。



posted by ryokou-kuruma-gurume at 21:01| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

【ファブリーズプレミアムクリップ】:持続期間は・・・結構いいかもしれない。

師走ですな〜でも、気分は年末年始って感じじゃないな。去年は日光に行ったが、今年は旅行なし。今日もちょこっと仕事して「ふ〜」って感じだ。明日も大晦日も仕事・・・。疲れが取れないな〜。三が日くらいはゆっくりしたいものです。




さて、以前【ファブリーズプレミアムクリップ】のブログをアップしたのだが・・・。
http://jin-sei-ryokou.seesaa.net/article/403879293.html:取り付け時




結論、70日以上効果は続きます。8月17日に取り付けたものが、未だに液が残っている。しかも鼻を近づけると香りも残っているぞ。ただ、香り自体は弱くなっている感じ。暑い時期を乗り越えてこの効果持続期間はいいんじゃないかな

PC280132 (800x600).jpg
PC280130 (800x600).jpg
8月17日に取り付けたヤツ・・・まだ結構、残っているな。




今日、新品に交換した。12月28日と記載して・・・。これで春頃まで大丈夫でしょうね。ま、商売的にはもう少し早く無くなったほうがいいんでしょうけど。香りと液が残っていると、「買うのは後でいいや」ってなります私的には。そんなんで今日になってしまったんですけどね。

PC280138 (800x600).jpg
PC280142 (800x600).jpg
PC280151 (800x600).jpg
マーキングして・・・これで春先まで大丈夫でしょう。




かみさんはと言うと、【ファブリーズイージークリップ】に戻ってしまった。やはり大きさが気に食わないんだと。確かに大きいよな、納得。もう少し扁平縮小化できるんじゃないかな。飽和状態の車の芳香剤・・・やはり一般的には小さなものが好まれるのでしょうね。






かみさんには【まとめ買い】ですな。




さて、今年も伊勢丹で生たる酒【五郎八】を買ってこようかな。


posted by ryokou-kuruma-gurume at 15:16| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

台風19号が関東地方に接近。自宅でゆっくりするしかないな・・・COTY【デミオ】に決まりましたね。

まだ、風雨は強くなく、普通の雨って感じだ。これからかな〜。明日の通勤までにはおさまってくれよ。




さて、日本カーオブザイヤー【デミオ】が選ばれました。小型ディーゼルエンジン、ボディデザイン、洗練されたインテリアが受賞の要因なのかな。マツダは、ここ最近、勢いがあるなスカイアクティブSKYACTIVがヨーロッパで浸透し、ディーゼルエンジンの評価が高い。日本でも同じだよな。特にアテンザワゴンなんかデザインが流麗でいいとは以前から思っていた。
http://www.jcoty.org/about/




大したことではないのだが・・・このCOTYに関して毎年思うことがあるのだ。選考委員の評価だけで、決まってしまうのもなんかな〜って。ま、今回の【デミオ】のように、選考と新車発表時期のタイミングの問題だけなんですけどね。例えば、去年冬に出た新車は、市場にある程度出回ってからの様々な評価も入るよな。ここでさらに良いところ、逆に良くないところも選考に加味されるでしょ? これって仕方ないことだけど、アンフェアじゃない? とも思ってしまう。




BMWの【i3】は、販売台数は圧倒的に少ないし、市場の評価も難しいでしょうね。確かに軽量化、カーボンを使用するといったところは評価できるけど、圧倒的に量産しているトヨタのハイブリッドと何が違うのって思ってしまう。デザインや操安性はBMWが圧倒しているのはBMWユーザーとして良くわかるが・・・。




【デミオ】は、デザインもマツダらしさを継承しているし、小型ディーゼルエンジンの燃費も素晴らしい。多分、この消費増税後の時期でも売れるでしょうね。実際の走り心地や振動、実燃費もこれからの市販ユーザーがどんどん評価してくれるでしょう。




ま、COTYの評価は参考程度・・・って思えばどうってことないんですけどね。COTY選考外の車なんてたくさんありますから。とにかく周りに流されず、自分のセンス? を大切に・・・あまり信用できないけど(笑)。



posted by ryokou-kuruma-gurume at 20:53| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする