2015年03月30日

ハウスメーカー選び:【三井ホーム】と【三菱地所ホーム】が最終候補に残った。結局契約したのは・・・。

春休みの旅行ブログは、残すところ大阪のみ。また、後日アップしましょう。




さて、旅行中もハウスメーカーをどこにしようかと悩んでいたのも事実。【住友不動産】は、追加オプション価格が1000万円以上と「えっ」ってな感じと設計に対するレスポンスがイマイチだったので脱落。そもそも、最初に声を掛けたのだが、見積もりが一番最後って・・・これも決め手でした。




それで残ったのが、【三菱地所ホーム】【三井ホーム】。両社とも、やはり設計士が同席することが多くて、これなら契約後も安心だろうな〜。営業はあくまでも皮算用や手続きがメインなので。でも、【三井ホーム】の営業担当は設計についても迅速に対応してくれるので満足感あり。3月の決算期なので、これを狙って契約するって宣言していたのだが、最終的な見積もりに大差が・・・。




値引き率も通常より大きかったとは思うが、それでも両社で総額400万円の差って何? 追加オプションも大きく変わらないのに、こうも違うのか? 確か、【住友不動産】も【三井ホーム】と総額で100万円くらいしか違わなかったし・・・。家に何を求めるかでオプションなんてあってないようなものなのはわかるのだが、なんか3社で予想していた見積もりとは大分かけ離れていたな。




予想:【住友不動産】<<【三井ホーム】≒【三菱地所ホーム】
実際:【住友不動産】≒【三井ホーム】<<【三菱地所ホーム】




間取りと提案力&費用の両天秤で一番バランスの取れた【三井ホーム】に決めました。結局一番、均質な提案をしてくれたのが【三井ホーム】だったんだろうな。それでも値引き率は10%以上です・・・。ネットにはハウスメーカーの費用について色々と情報がありますが、時期、家の大きさ、オプション、地域でバラバラなんだな〜って改めて感じた。いい家に向かってgoですな。




三井ホーム(一戸建て) ブログランキングへ



posted by ryokou-kuruma-gurume at 22:29| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

ハウスメーカー選び:三井ホームか三菱地所ホームがいいかな。住友不動産・・・見積もりまだか〜。

全館空調に力を入れているハウスメーカー選びもちょっとは進んできた。最初に声を掛けた【住友不動産】なのだが、未だに見積もりが出てこない。希望の設備も言ってあるのに・・・「見積もりまだですか?」って何でこっちが催促しなきゃいかんのじゃ?ちょっと、【住友不動産】は魅力半減になってしまった。




さて、後は【三井ホーム】【三菱地所ホーム】。今、【三井ホーム】の方が、話が進んでいる。というか営業が色々と要望に迅速に答えてくれるのだ。ここ大切!要望に対して迅速に。でも、ちょっと性急すぎるきらいもある。ちょっと間をおいてもらって、今は【三菱地所ホーム】の設計内容を検討中。こちらの営業は、ゆっくりしていてせかす感じなし。むしろ、気に入れば契約して下さいねって感じ。嫌いじゃない(笑)。




【三井ホーム】は昨年から2×6が標準で、実際に現物を見たのだが、明らかに壁は厚く、さらに安心感あり。ここに門型フレームの【Gフレーム】を一組使ってインナーガレージの空間を確保。でも、この【Gフレーム】がオプション扱いで高いのだ・・・構造物なのになぜ本体価格に入らない?

DSC_0109 (600x800).jpg
構造的に安心感ありますな。でも、1ヶ所のオプション費用が80万円オーバーって・・・どうなの?ちょっと幻滅状態なのだ。




一方の【三菱地所ホーム】【MBウォール】という門型フレームを持っている。こちらもインナーガレージに三組使って2階をオーバーハングさせている。さらに【キーラムメガビーム】といういわゆるH鋼のような形状の木材で、2階リビングの大開口が可能になっている。要は余計な耐力壁が必要ないのだ。これは大変魅力的である。これらが、【三井ホーム】とは違ってオプション扱いでもなく、本体価格に組み込まれているのだ。

DSC_0107 (600x800).jpg
DSC_0108 (600x800).jpg
この2種類を使用して2階リビングの空間が広いのだ。




構造は両社とも、2×が基本なのだが、実はそれ以外の構造躯体も持っている。でも、最初の設計段階では、両社とも2×のみで提案してきた。要望を色々出していって、結果、設計士が門型フレームを使って要望に答えてくれた形になっている。ここが、設計士同伴のハウスメーカーの最大のメリットだなって感じ。一方の【住友不動産】は、設計士同伴ではないので営業の対応力が全てでしょうね・・・ま、仕方ないですが。




【三井ホーム】のショールームは見学終了。いや〜豪華でしたね〜。後は、赤坂にある【三菱地所ホーム】のショールームで設備関係を選択して最終的な見積もりを出してもらう予定だ。3月中には契約したいな〜。どちらの提案も気に入っているので、最終的には何を重視するかってところだな。私とかみさんでも違うし・・・。間取り、構造躯体、営業&設計士のセンス、もちろん金額・・・入り混じっての選択って結構難しい。とにかく、嫌なところを探すのではなく、良いところを選んで納得したいものですな




三井ホーム(一戸建て) ブログランキングへ


posted by ryokou-kuruma-gurume at 22:50| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

ハウスメーカー選び:全館空調がいいな〜。

なんか寒いな〜今日は。ここ半月ばかり打ち合わせが多くて結構ヘロヘロな状態の私とかみさん・・・。元気なのは子供たち。あ〜明日には【せとか】なくなってないか心配だ(笑)。




さて、今度家を建てる時は、建築家にお願いして理想の家を作ってもらおうなんて考えていたのだが、いざ、その時が「今でしょ!」となっても、いろいろとやることも多そうで、結局、頼むのを止めてしまった。気合いが入っていないと言えばそれまでなのだが。




次に、地元の工務店という選択肢もあったのだが、どこがいい工務店なのか、建売メインだとデザインセンスも合わず、結局、これまた候補外になってしまった。知り合いの不動産屋に紹介されても断る時は恐縮してしまうからね。




そして、今、候補に挙がっているハウスメーカー住友不動産、三井ホーム、三菱地所ホーム。この3社、全館空調を手掛けているハウスメーカー。我が家は全館空調が希望なのだ。
http://www.mitsuihome.co.jp/
http://www.mitsubishi-home.com/
http://www.j-urban.jp/



【全館空調】について・・・私見が入りますが。
【メリット】
@ 玄関からリビング、寝室、洗面所等、温度をほぼ一定に保てるところ。
A 夏は、風呂上りに洗面所で汗をかいてしまうなんてことがない。逆に冬も寒〜い洗面所に行く必要がない。
B 寝る前に寝室を温めるなんてことが必要なくなること。
C 第1種換気になること。
D 室内干しが多い我が家には好都合。

【デメリット】全館空調希望なので否定が入っています・・・。
@ フィルターの交換がやや面倒。壁掛けエアコンも台数分の洗浄は面倒かと・・・。
A 本体が故障した時、全てに影響してしまうこと。これは確かに・・・。
B よく、子供の自律神経失調を心配するなんて意見がありますが、寒い日も暑い日も毎日通学していることを考えれば、私よりはるかに健康的である。
C 機械の作動音。これも今の壁掛けエアコンの音は全然気にならないので問題ないかと・・・。
D 冬場の乾燥状態。加湿器を併用すれば済む問題かと・・・。
E 暑がり寒がりがいると温度設定が大変とのこと。でも、今の家で家族皆がリビングにいても頻繁に温度設定変えるなんてことはないので問題ないかと・・・。
ま、全館空調が希望なので、とりあえず否定してみました(笑)。




全館空調の機械は、東芝、アズビル、デンソー、三菱電機等で会社としてはどこも問題なさそう。唯一ダクト配管の方法が、三菱地所ホームと住友不動産、三井ホームで異なる三菱地所ホームは、本体からダクト配管を各部屋に通して距離を短くしている。ある意味効率的で各部屋への風量調節、温度設定も可能なのがポイント。コントローラーも各部屋に設置できる。三井ホームは、本体から一度屋根裏配管で集めてからチャンバーを通して、各部屋へ送る仕様。設定温度は全館一緒で、当然、コントローラーは各部屋に付ける必要なし。間違っていたらスミマセン。




電気代は、各社言うことがバラバラで温度設定次第でどうにでもなるだろうね。ま、全館空調の仕様も重要ではあるが、やはり間取り設計提案力が最重要ポイントですな。これは、三井ホーム三菱地所ホームが群を抜いている・・・




三井ホーム(一戸建て) ブログランキングへ



posted by ryokou-kuruma-gurume at 18:38| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

土地も決まり、ハウスメーカー選び:設計士同伴のメーカーはやはり・・・。

タイミング良く、希望に見合った土地が見付かったこともあり、やることが一気に増えた。土地の広さがわかっているので、ハウスメーカーの営業担当も話がしやすいようで今のところ順調に案が出てきている。それにしても設計士が出てくるハウスメーカーは流石にセンスもいいし、要望にも迅速に答えてくれる。ここはポイントが非常に大きいですよ。




今度の家が最後になるだろうから、かみさんと二人だけになっても大丈夫な家にしないと。譲れないところは、しっかり主張してかみさんの了解も得ないとな。

今のところ・・・【取り入れたいと思っているもの

全館空調
広いリビング
インナーガレージ
ホームエレベーター
多収納
シンプルモダンな外観
ペニンシュラタイプのキッチン
シューズインクローク

DSC_0037 (600x800).jpg
住友不動産のダイニングキッチン:モダンで好みだな〜。ロングサイドボードが圧迫感もなくていいな。

DSC_0013 (800x600).jpg
DSC_0003 (800x600).jpg
パナソニックのキッチンは、ペニンシュラタイプでもクッキングコンセントがついているし、トリプルワイドコンロも選べる。他メーカーはペニンシュラタイプだと、コンセントやトリプルワイドコンロは無理みたい。値段がネックだけど、設備としては良いですね。




太陽光発電も勧められたが、売電環境だったり、気候変化だったり、不安定要素が多いので却下した。蓄電池も同様、長期間持つものではないのでこちらも却下。唯一の利点は災害時でしょうね。これは理解できる。後、エコキュートを含めたオール電化も却下。どうも溜めているお湯を都度使うことに抵抗感が・・・清潔なのか・・・。




それにしても悠長に考えていられない私とかみさん(笑)。今年中の転居を目指して一気にGOなんていくわけないよな。




パナソニックはオプションで選べるけど、永大産業やサンウェーブ、トクラスと比べると高いのがネックだ。




三井ホーム(一戸建て) ブログランキングへ


posted by ryokou-kuruma-gurume at 18:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウスメーカー選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする